2018年07月10日

制御の勉強会

2月のupからですので、半年ぶりとなります。
今回は、久しぶりに勉強会で制御盤を組んだので、その様子をお伝えします。
6月30日は梅雨明けの暑い日となりました。
みんな汗だくで勉強会に挑んでいます。
組む回路は、フロートスイッチで自己保持回路と交互回路のポンプ制御盤です。

RIMG3498.JPG

RIMG3502.JPG


皆、回路図の通り制御機器を電線でつないでゆきます。
仕上がってテストをしてみます。
「あれっ、停止中なのに動いちゃった」
「No1ポンプが動くけどNo2ポンプが動かない」
など、いろいろありましたが、最後はみんなが完成。

RIMG3508.JPG

少しづつですが、みんなも回路がわかって自信につながればよいなと考えます。
アメシスの強みを育んでいければと思います。
タグ:制御盤
posted by 三浦直哉 at 15:51| Comment(0) | 日記

2018年02月09日

「PID」私が生きる方向

寒い日が続きます。

会社では、年度末の役所物件で大忙し。
でも、営業物件は少し落ち着いたというところでしょうか。
そんな中、2月後半には、流量計からの計測値をインバータを使い、
目的値にするという流量補正の仕事が待っています。
また、4月には、同じく流量計からの計測値をバルブの開度で、
目的値にするといったプログラムを組まなくてはなりません。

前者は、指示調節計といった簡易的なものを利用します。
役所の仕事です。
後者は、PLCでプログラムを組んでやってみようと思います。
某国立研究所の仕事です。
双方とも分っていなくてはいけないものは「PID」です。

「PID」とは、船の自動操舵で、風や潮の流れがあった場合、
舵を自動補正し、行く方向をまっすぐに操舵することから始まったといわれています。

営業が一息ついたとき、勉強しなければいけません。
「PID」制御をもう少し深く勉強するつもりです。

DSC_0007_4.JPG

思えば、10年くらいは、この繰り返しです。
勉強をして、製品化してまた勉強。
製品のクオリティーも上がったと実感します。
売れる製品を産み出すには、勉強が必要ですね。
「PID」の話は、いずれ詳しくお話をしましょう。

私にもまっすぐ生きるよう自分の頭の中に「PID」プログラムが欲しいです。
タグ:PLC
posted by 三浦直哉 at 21:57| Comment(0) | 日記

2018年01月24日

A Hard Day's Night

昨日は兵庫に出張しました。ブログに書いた通りです。

前日から雪という状況の中、少し早めに行動しようということで、
5:30に流山市を出発し羽田に向かいます。
しかし常磐道が閉鎖のため、一般道で南八潮まで行って首都高に乗りました。
道がすいていたので7:00頃、羽田到着。
8:30の出発を待っていますと9:05に出発時刻変更となっていました。
待って乗ったのはよいのですが、伊丹空港から乗り継ぎ飛行機に乗れません。

そのため伊丹から宝塚までタクシーに乗って、宝塚から電車で豊岡を目指します。

現場に入った時刻が14:15
よしっ!これから17:00まで頑張って作業。
と思ったら、18:05の但馬〜伊丹が強風のため欠航と航空会社からのメール。
となると、ぎりぎりでも15:45までしか作業が出来ません。( ゚Д゚)

16:20豊岡発の電車に飛び乗り18:20宝塚。タクシーで伊丹へ向かいます。
19:30の飛行機に間に合ったと思ったら、20:00に出発が遅延となっていました。
21:00頃、羽田到着。

帰宅のため車を走らせます。ところが高速道路が閉鎖だらけ、
ようやく22:30帰宅。

考えてみると17時間のうち作業時間が1.5時間。
あとは移動時間といった一日でした。
テーマであったデータロギングは、完成させることが出来ず
またの機会となってしまいました。

雪の日の出張という珍しい経験でしたが、
つくづく雪に弱い南関東の人をさらけ出した結果でした。
思い出に残る出張となったのです。

出張は計画的に・・・(+_+)
posted by 三浦直哉 at 17:43| Comment(0) | 日記