2015年02月02日

新人君。奮闘中!

今年4月入社の新卒君が入ることが決まっていることはお伝えしました。
昨年の新卒君も順調に育っています。

今担当しているのは、制御盤の設計・製作です。
簡単なポンプ用の制御盤を作っています。

図面では、液面制御をDCにしたり、表示灯を液面制御回路からとったり。
理由を聞いてみるとなるほどなぁ。という勘違いがありました。
私は、慣れもあるので固執した考えをしてしまっていたことに気づかされました。
でも、その慣れをうまく説明していかなくてはなりません。

ようやく合格を出して製作に入ります。
頑張って作っています。

製作前キャビネット.jpg

制御盤製作中.jpg

あれっ。電流計の取り付け穴がないね。
表示灯の色がおかしいなぁ。

後から気づいてしまいます。
その度に新人君が悲しい顔に・・・すべて私の見逃しなのに。

新人君の奮闘ぶりには、頭が下がります。
教えるって、難しいなぁと痛感しました。
図面も「まぁいいでしょう」って言うんじゃなくって、「これで良しっ!」って言えなければならないのですね。

新人君も私も共に育っていきます。
posted by 三浦直哉 at 19:02| Comment(0) | 日記

2015年02月01日

クレーム

どうしても、社会活動する場合クレームというものが発生します。
会社関係のブログなので、クレームについて語りたくはありません。
しかし、クレームは絶対になくなりません。
クレームこそ、受け止めて前に行く事象であると考えます。

今年に入って行った、マンションの排水設備機器交換。
放流ポンプ2台、ミキサー4台の交換工事でしたが、ミキサー1台が絶縁不良。
新品のケーブルに傷がついていました。
交換作業した社員に叱責しました。「細かいことがわからないでは失敗をしてしまう」
「リスクを想定しなかければそこに気が付かない」などと、
人がいない関係上、私一人でケーブルを取り寄せ交換して、一安心・・・かと思ったら、
その夜クレームが、同じ機械で警報が発生。
すぐさま行きましたら、同じ状況のクレーム。

メーカー工場に持ち込む予定で取り外しましたが、またも同じ個所でケーブルが同じような場所で傷を発見。
試験したらそこが問題でした。
今日、新品ケーブルが届いたので交換修理。
何をやっているんだ私は!

明日取り付けますが、何か指示金具などに問題があるかもしれません。
明日詳細がわかると思います。

冒頭の話。
社会活動ではクレームが絶えません。
誰でもあること。
しかし、処理の仕方は、それぞれです。
真摯に向き合い。反省。
今までその繰り返しですが、向き合うことが必至だと思います。
全くいつ完成するかわからない、人間の所業です。
いつと言えない時に向かって、生涯勉強ですね。
posted by 三浦直哉 at 21:10| Comment(0) | 日記