2018年01月12日

「安心」を買っていただく覚悟

前記事で井戸水浄化設備を紹介しましたが、関する記事をもう一つ。

これも昨年9月に納入をした設備です。
柏駅前のビジネスホテルです。
設備する以前は、小さな除鉄ろ過機が使用されていましたが、
キャパシティーがあるようで、時折水質が安定しませんでした。
もっと恒常的に水質を安定させ、安心して使えるようにと提案していたものでした。

この設備で、除鉄、除マンガンの能力は、
除鉄に関して言えば、酸化された鉄が顕在化し、ろ過機で捕捉されます。
それが定期的に洗浄され設備系外に排出されますので、
水質基準以上に鉄が検出されることはまずありえません。
マンガンといえば、マンガン砂に吸収されますので吸収媒体が飽和されるまでは、
マンガンとして出てくることがありません。
水質にもよりますが、ここの井戸では3〜4年程度は、出てこないとの判断で
設計計画しています。

DSC_0003_4.JPG

この設備では、他にも除外している物質がありますが、
飲用にも使われる井戸浄化設備では、「安心」の確保のため
ごく少ないリスクを取り除くことが必要となります。
それが行われない限り、基準ぎりぎりの水質で満足していたら
「安心」をお売りしたことにはならないものと考えます。

アメシスでは、幸いにも皆社員がそのことを分かっていて、
あるクォリティーで設計、製造、工事が出来ました。
若い社員が多いですが、それを社風と思ってくれているようです。

お客さんには、そのことが理解してくれているようです。
「安心」である水質とともに・・・・。
posted by 三浦直哉 at 17:28| Comment(0) | 日記