2018年01月15日

アナログ親父

アメシスでは、PLC(プログラマブルロジックコントローラ)を、よく使います。
三菱電機では、シーケンサと呼ばれ、プログラミングで機器を動かすものです。

なぜ、よく使うのかと言えば・・・
まず、制御盤製作が簡単になるからです。
PLCを使わなければ、リレーが多用されます。リレーは一つの役割に一つずつ必要になりますので、
ちょっとした回路でも、かなりの数のリレーが必要となる場合があります。
設計でもそれらのリレーを組み込んで行うと手間も相当とることになります。
また、製作したものの変更ができません。
リレーが30以上あるような制御盤では、PLCを使ってしまいます。

もう一つの理由は、アナログ機器の存在です。
私たちが作る水処理設備では、連続して変化する数値をよく扱います。
例えば、水量・圧力・水位・温度などです。
これらの数値は、信号として電圧(0〜5V)や電流(4〜20mA)として出力されます。
この数値によって何をさせようかを指示するときには便利なのです。

でもPLCでは、そのままアナログ数値として使用できません。
アナログ数値をデジタル数値に置き換えて使います。
電流4mAの時は「0」20mAの時は「4000」という数字に置き換えられます。
これは、0〜16000だったり4〜20000だったり、使うときのモードで設定されます。
デジタルに変えれば、やりたいことはやり放題です。
(PLCの中で自由に扱えるという意味)

PLCを使うと、概ね人間が考えることはできるとも思います。
労働人口が少なくなっていく今、コンピューターがそれに代わる労働を担うとも考えられています。
AI(人工知能)なんて言葉は、ずいぶん昔に聞いたものですが、
昨年もずいぶん話題に上っているのを感じました。

でも、起承転結の「起」は、なかなかコンピューターでは出来ません。
また、一連の仕事、途中で情熱をもって頑張ったりすることも難しいでしょう。

アメシスには、その日の気分でダジャレで高揚したり、社員の顔色を見てはっぱをかけたり、
はたまた必要と思ったことを頑固に命令するアナログな親父がいます。
おそらく、その言動はコンピューター解析は難しいと思います。デジタル化できないのです。
この存在、いいのかどうなのか?
タグ:PLC
posted by 三浦直哉 at 18:19| Comment(0) | 日記