2020年01月31日

ベストの設計を目指す

水処理設備の会社は、いろいろなことをしなければなりません。
今回はプールのろ過システムの改修です。
既存のろ過機システムは、販売が終了された古いものなので
設計からやり直しでした。

特に5方弁等で漏水が発生しているなど不具合が発生していました。
公共施設の改修なので気も使いながら設計をしていきます。5方弁を交換することにより配管位置も変更となり125Aの配管は、溶接のやり直しとなります。
RIMG1612.JPG 旧ろ過機5方弁
IMGP4223.JPG 新ろ過機5方弁
また、5方弁の電源や入力・出力が変更となり、廃止された設置パネルを変更しなければなりません。前はメーカーさんのオリジナルでしたが今回変更後は三菱のタッチパネルを使用しました。
RIMG1764.JPG 旧制御盤
IMGP4329.JPG 新制御盤
変更された制御盤は、写真の通りスイッチやランプなどが不要となり、役所の担当者様より使いやすくなったと、評判も良かったです。
この例えのように、改善工事の場合は、その設備を作った当時より、スマートホンが普及した今のように最先端の設備の様式を取り入れるなど工夫しなければ、管理者は満足しません。
使用するしないは別として各メーカーの最先端技術を知っておかなければなりません。
ベストな設計は、描けません。
posted by 三浦直哉 at 17:29| Comment(0) | 日記