2018年01月17日

無事に仕事を終える喜び

今アメシスでは、役所からの工事で盛り上がっています。
昨年12月から今年3月までの工事が週刻みで入っています。

スケジュールのホワイトボードもぐちゃぐちゃになっています。
DSC_0004.JPG

今は、最終処分場埋め立て地にある廃水処理施設のポンプの更新やオーバーホールで頑張っています。
月曜日からの工事で今週いっぱいまでの予定でしたが、
明日で終わるめどがたったようです。

次は、し尿処理場の脱臭設備の整備、温泉の源泉ポンプの交換など
こなさなければならない仕事がめじろ押しです。
他にも年度末ということで飛び込みの工事や作業が入ってくる予定です。

忙しいことはよいのですが、
今日のニュースで取手の下水道作業で二人の方が意識不明になったことを知りました。
アメシスでも下水道の計測器保守や水質分析を請けてやっていますので、
他人事ではありません。

夕方、担当者にその事故を伝え、うちでは大丈夫なのかを注意喚起したのでした。
担当者曰く、ガス検知器を必ず使用し、硫化水素が発生したことはないが、
今後とも必ず確認作業をします。と答えてくれたのです。

忙しいと、注意散漫になりがちです。
何かが起こってしまうと仕事どころではありません。
時には、危険を察知して仕事を中止する勇気も必要です。

忙しい時期に、もう一度、皆に気を付けてもらうように言うつもりです。
何よりも無事に終わることが、真の仕事の喜びであることを
経営者である私が自覚したいことです。
タグ:安全
posted by 三浦直哉 at 18:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: